勉強法を身につけて試験に一発合格しよう!

夏休みの勉強法

「この夏休みで大逆転してみせる!」
そう意気込んだ私をみんなが笑いました。
でも、休み明けのテスト結果を見た彼らは…

夏休みの勉強法~計画の立て方&実践方法

  • どうすれば夏休みを有効に使えるんだろう‥
  • どうすれば短期間で学力を伸ばす計画が立てられるんだろう‥
  • そして、どうすればその計画を100%達成できるんだろう‥

そんな悩みを抱えている受験生は多いのです。

でも、いざ蓋を開けてみると、

  • 結局、初日から計画が達成出来なかった。。
  • 計画の1/10しか終わらなかった。。
  • あっという間に時間が過ぎて泣きたくなった。。

そう後悔する人もたくさんいるのです。

では一体どうすれば夏休みを120%活用することが
できるのでしょうか?

受験生や学力を伸ばそうとする人にとって「夏休み」は最大の関所です。
昔からある「夏を制する者は受験を制す!」という言葉もあながちウソではないのです。

一般的に夏休みを有効に使おうとすると皆さんは「夏期講習会」に通います。

親も本人も「夏期講習会に行くから大丈夫だ!」そう信じて毎日せっせと予習をやって塾や予備校に足を運ぶのです。

でも夏休み明けのテストでその真実が明かされるのです。

「まったく成績が上がっていない。。」

それどころか以前より下がっている。という事態も起きてしまうのです。

「高いお金払って講習会にも通わせたのに、あんた一体何しているのよ!!」
そう子どもに叱りつける親御さんも少なくないでしょう。

一体なぜ、このような事態が起きてしまうのでしょうか?

答えは簡単です。

それは「知識が頭に入っていないから」です。

当たり前ですよね。

いくら夏期講習会に通っても、眠い目をこすって予習をやっても、優秀な講師陣に指導を受けても、肝心な本人の頭に知識がインプットされていなければ、テストで正しい回答を導けないのです。

まさに「ない袖は振れない状態」なのです。

あまりにも単純なことですが、その単純さゆえに落とし穴になっているのです。

夏休みを有効に使って学力を向上させるには、

  • 上手に計画を立てなければいけない!
  • 計画を100%達成しなければいけない!

そう思ってしまいますが、いくら計画通りに勉強が進んだからと言って、頭に十分な知識が入っているかどうかは別なのです。

ですから、計画を立てる際に重要なのが、

・いかに効果的に頭に知識をインプットするのか?
・そのためにどんな計画を立てるのか?

ということなのです。

計画ありきではなく、脳へ効果的に知識を定着させるためにどうすれば良いのか?
と言うことがスタート地点なのです。

では、具体的にどうすれば良いのでしょうか?

それにはやはり正しい勉強法を身につける必要があります。

学んだ知識を効果的に脳にインプットして、それをすばやく引き出せるスキルを身につけてしまえさえすれば、怖いものがないのです。

そのテクニックを凝縮させたものが「勉強の説明書」なのです。



>>合格できる勉強法が2時間で身に付く「勉強の説明」とは?

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional